Announcement of 03. 12月 2014

G DATA 個人向け製品ソフトウェアアップデートのお知らせ

本日よりG DATA 個人向け製品最新シリーズ(バージョン 25.0.2.2以前の製品) および 2014 シリーズ向けのソフトウェアのアップデータを配信開始いたしました。 該当製品をお使いのお客様は、ソフト上からソフトウェアのアップデートを無料でご利用いただけます。

本アップデータを適用すると G DATA 個人向け最新製品、および 2014 製品ともに G DATA 個人向け製品の最新バージョン(25.0.2.2) へバージョンアップされます。

※ 本アップデータのダウンロード容量は最大180MBです。(製品により容量が変わります)
※ 対象外の製品もしくは、既に最新バージョンを使用している場合はアップデートされません。




■ アップデート方法

 

1. G DATA を起動し、セキュリティセンターを表示します。


2. 画面右上の「メニュー」ボタンから「プログラムを更新」を実行してください。

※ セキュリティセンターの「メッセージ」領域に表示される

  画面下部の「利用可能なプログラム更新があります」をクリックしても実行できます。



3. アップデータのダウンロードが開始されます。

4. 更新が進むと、再起動を求めるダイアログが表示されます。

5. 再起動を選択し、PCの再起動を行うと新しいバージョンにアップデートされます。


※ 最新バージョンへのアップデート後にワクチン更新を促すダイアログが表示された場合は、その後ワクチンを更新してください。

※最新バージョンへのアップデートで問題が出る場合は、製品の完全アンインストール後に、2014製品のセットアップをこちらの方法でインストールした上で、最新状態へアップデートしてください。

※ アップデータのダウンロードが途中で止まる場合は、「設定/更新/インターネット設定」の画面でサーバーの地域設定を「アジア(日本)」以外のサーバー(北アメリカなど)に設定して再度アップデートを行ってください。

 

 

■ バージョンアップ内容


バージョン [25.0.2.2]

・エクスプロイト対策機能の使用時にThunderbirdの再起動がうまく行かない問題を修正

・SSL通信を使用したメールのスキャンに対応
(メールスキャンのオプション画面から証明書を発行、インストールして使用)

・キーロガー対策機能のパフォーマンスを改善

・ウェブ保護のパフォーマンスを改善

・文字関連の調整、細かな問題の修正

Announcement of 03. 12月 2014